カテゴリ:to Morocco,June2011( 30 )

すっかり、ドバイ日記もゆっくりになってしまってますが、
モロッコでひとつだけ記事をアップしてなかったことがあるので
今朝はモロッコのインテリアについて補足です。


日本の木造の一軒お家と異なり、モロッコの建物は
ヨーロッパの様に何世代にも渡って暮らす、古くなった部分もいかに
素敵に見せつつ、リーフォームしていくこんな建物が多いです。
モロッコの素敵な部分は若い人たちもモロッコのデコレーションや雑貨を
お家にたくさん飾っています。
モロッコのサロンルームは部屋の囲むように全体におかれ
パーティーをするときは大勢で座ることができます。
人が何人寝転べるんだ?という大きさです。


f0234884_1050515.jpg


bebeくんのご実家も古くなってきたのですこしずつリフォームをしたり
直している。今回3年ぶりに訪れて、家族がすごすサロンルーム(TVを見る娯楽ルーム)
がすっかり素敵に変身されていたました。


f0234884_1051374.jpg


f0234884_1052419.jpg


クッションについているでタッセルのような飾りがなんとも
かわいいです!!!

f0234884_1185257.jpg



f0234884_1193883.jpg


気温がぐんとあがる日中でもほどよい光とほどよい風が気持ちよく
このサロンルームでのお昼寝がきもちよかったです。

f0234884_10524912.jpg


このサロンルームは
椅子(土台)ソファー生地、クッションのデザインはすべてトータルコーディネートをしてもらったと
聞き、早速翌日bebeくんママと、インテリアコーディネーターがいるショップへ連れていってもらいました。


f0234884_2255133.jpg


ソファーをオーダーして持ち帰る?国内だったらできそうな事ですがちょっと
難しいのでここで、クッションカバーをオーダーしてみることになりました。
bebeくんママがいつも利用しているお店ということもあり、ご好意でお願いができました!

しかし、お店に入ると、すごい数の生地!!!
ソファーの生地から、カーテン生地、フランス、イタリア、スペインの生地が大集合!!
もう、色、柄、素材、そしてサイズ、もう沢山ありすぎていったい今日中に決まるのかと
心配になる量のサンプルをみせていただき、悩みましたが、結構決まると、プロセスは
早く、いろいろプロのアドバイスを聞き、3つに絞り、決めました!
カーテン生地もここでお願いした~いと欲が出ましたが、サイズも測ってこなかったので
断念。

f0234884_2255298.jpg


f0234884_2256577.jpg


f0234884_22563078.jpg


f0234884_22576100.jpg


数日でできあがってきました!!
日本の我が家で使ってます!
大・中・小そしてすこし横長のと7個しあがってきました!

f0234884_12351141.jpg


サロンルームもない狭い日本のお家でもちょっとお部屋が明るくなりました。
自分だけの自分用にオーダーできるクッションカバー、日本でと高額になりそうですが、
モロッコではリーズナブルにできたので、きっとソファーなんかも合わせてオーダーできたらと
欲がでちゃいます!

f0234884_12352872.jpg

カサブランカいよいよ最終日のこと、
最後の夕飯はbebeくんの大好物のハリラスープと
ケフタ(ケバブ)で締めくくり、
ママが大量に作ってくれて、お姉ちゃん家族も集合しました。

f0234884_22495416.jpg


f0234884_22552114.jpg


ケフタは私の大好物でもあります。
日本人の口にも大変あうモロッコのお料理です。
簡単に牛ひき肉とスパイスがあればハンバーグの段取りで
つくれます。

最後の晩餐会ではちょっと甥っ子ちゃん、姪っ子ちゃんとは
ここでお別れ、たくさんの約束事をしてまたね!と笑顔でお別れしました。

翌日は午後のフライトだったので
朝ごはんを頂きました。最後のパッキングを終え
車に乗る前にお家の目の前になんともかわいこちゃんたちが
お見送りしてくれました。最後にナイスショットが撮れました!


f0234884_22532456.jpg


f0234884_22542751.jpg


この日の気温は34℃、最高に暑かったです。
無事空港に到着、そしておかげさまでスーツケース2個の重量は余裕でパスです。

f0234884_2248080.jpg


搭乗時間まで時間があったのでbebeくんのご両親とカフェでお茶タイム。
いつも別れがつらい、このカサブランカの空港。
何度も何度も息子のbebeくんに健康で元気にがんばるんだよと
心配なママ、そしてそれをよこでやさしい笑顔で見つめるパパ、
私の手を握り、ぎゅっとハグをして頬に何度もキスをして、ご両親によろしくと
同じことを言うママ。行きはこんなにモロッコが近く感じたのに、帰りは
モロッコが遠い遠い場所に感じてしまいます。

f0234884_22483730.jpg



f0234884_22492851.jpg




モロッコ旅行記といっても里帰り日記で、観光メインな旅行ではないですが、
これからモロッコに旅行しにいこうと思っている方に少しでもお役に立てたらなと
思います。今回の里帰り、震災の前から計画をしていまして、
私の両親も宮城にいて幸いにも被害は少なかったのですが、やはり
こんなときに海外などしていいのか。もし旅行中にまた地震があったらととっても不安で
一度はキャンセルを本気で考えましたが、
自分の両親からぜひbebeくんの両親に元気な姿を見せておいでと
やさしく見送ってくれました。津波被害や、原発のこと、海外でも
私たちが想像している以上に海外のみなさんにも今回とても
あたたかい言葉を頂きました。一番心に残っているのは
カフェのトイレの列にならんでいるときに、若いお母さんの娘さんが
私の後ろにならんでいたのですが、モロッコではあまり見知らぬ女性が
誰がみてもアジア人にしかみえない私に声などかけて来ませんが、
声をかけてきました。 

モロッコの女性: Are you from Japan? (日本から来たの?)

わたし: Yes , I am !! How do you know? ( そうです。どうして分かったのですか?)

モロッコの女性: I just know it ! (なんとなくだけどそう思ったの!!)

その後の会話はなぜカサブランカにいるの?住んでるの?そんな話をしていて、わたしは
女性の娘さんが大変トイレにいきたそうなので順番を譲りました。

数分後、この親子はトイレからでてきたのでわたしが次に使おうとすると、
ニコっとわらい去りました。ここまではどこにでもあるコミュケーション。ですが、
私がトイレから出てくると
この女性はわたしに

 そうそう、いい忘れてしまったことがあるの。
 3月にあった震災のこと大変申し訳なくおもっているの。
 日本のみんな、そしてあなたの家族がこれからも幸せに暮らせるのように
 お祈りします。

この一言を残してこの女性は席にもどっていきました。

わたしはこの見ず知らずの女性から言われた言葉が大変心に残っています。
多分、家族ではない他人に言われたから心に残っているのだと思います。

あの黒い津波の映像、福島の原発の爆発の映像、いまじゃ私たちは何度も
テレビでみて当たり前になって、いつしか次に進むもうとしている日本。
あの映像も海外メディアでも沢山放送されて、日本だけではなく世界が恐怖におびえたのです。
そして世界の沢山の国の人が日本をサポートしてくれたのだと思います。
そんなやさしさをモロッコで実感することができました。わたしもこのモロッコで
であった女性のように、他人が辛いときや悲しいときにそっと声をかけてあげらるやさしさを
もった日本人でいたいと思いました。


本日でモロッコ記事は最後になります。長々とお付き合いありがとうございます。
次回からはドバイからお送りしますのでまたお付き合いください。

シュクラン!

Zahra

f0234884_22565474.jpg

モロッコから帰国する前日から
カサブランカ市内のショップではどうやらサマーセール。
bebeくんおねえちゃんと、姪っ子ちゃんのレイディースだけで
この日はお買い物へいってきました。

まずはZARAへ
お隣のスペインブランドはカサブランカでも大人気。いつも混んでいます。
日本でもほぼ同じものが買えるので私は
日本にまだ未上陸の ZARA HOME へ
ベットカバーに、かわいいインテリアグッズ、欲しいものが沢山!!値段もかわいい。
ですが、帰りはドバイでもお買い物する予定だし、またスーツケースの重量が心配に
なる人がいるので、ここではテーブルナプキンだけで我慢!!
ここに住んでいたらいろんなものがここで揃いそうです!

f0234884_22115059.jpg


そして、お目当ての
Massimo Dutti
f0234884_22343683.jpg


昨年のクアラルンプールのブログでも紹介してますが、その時の記事 → ここ

ZARAのお姉さんブランド、こちらもいまだ日本には未上陸です。毎回カサブランカで
立ち寄るショップです。
店内セール初日ということで混んでいました。
キッズもあるんですが、靴なんかはわたしも履けちゃうようなキッズ用のバレエシューズなんか
もセールになっていて、ちょっとキッズのコーナーが気になりました。
姪っ子ちゃんはもう既に狙っていたデニムのミニスカートを持ってご試着→即買いでした(笑)
いっちょまえに可愛いロンシャンのミニトートからお財布をだし、レジでお会計。

次はトントZahraの番だよ。(トントンとは叔母さんという意味で英語だと、Aunt です)
私もモロッコに来たときだけ叔母さんといわれるようになってしまいました。
私が試着室で試着してる間もカーテンの前に立って待っていてくれます。
8歳くらいだと帰りたいとダダをこねるのか心配でしたが、逆にいちいち
それはトントらしくない、とか、それは絶対似合うから買うべき!とかbebeくんのお姉ちゃんも
顔負けなアドバイスをしてくれました(笑)将来はどんな女の子になるのか楽しみです。

ということで、私はドバイに旅たつ前に長袖を調達。
モロッコには飛行機内用の長袖一枚しかもってこなかったので
エアコンでヒエヒエになりそうなドバイに向け
麻の白いシャツにしました。それととってもモロッコらしい薄オレンジの
ストールを一枚、パジャマセットと3点をセール価格で調達です。


f0234884_22341490.jpg


f0234884_22352763.jpg


f0234884_22354668.jpg


大変姪っ子ちゃんのおかげでよいお買い物ができました。
姪っ子ちゃん、プリティーウーマンの用に、ショップ袋をもって
ルンルンでした。

f0234884_223812100.jpg


早速帰宅をして暑いので一緒にお庭のプールへ、
即買いした、ミニデニムをみんなにお披露目しておりました!!

f0234884_22405036.jpg

今回、カサブランカで一番お世話になったwifi がハイスピードだった
segafredo Cafe in Casablanca

お家からご近所ということもあり、ほぼ滞在時はここからブログを上げていました。
日本にもあるセガフレード、イタリアのカフェですが、
日本のお店よりゆったりしていてお食事メニューもちょっと違い
モロッコ料理もいただけます。、
昨年の夏にオープンしたということで、
こちらのオーナーさんが、bebeくんのお友達ということが
のちほど発覚して大変お世話になりました!
モロッコ人のオーナーさんなのですが、きれいなグリーンのラルフのポロに、
ジーンズ、素足にデッキシューズに、レイバンのサングラス、頭はオールバッグ、なんとも
スプラノズやゴッドファーザーを思い出させるような彼。セガフレードにぴったりな
オーナーさんでした。2階建ての贅沢なつくりでオープンテラスが広く
昼間はミーティングをしているビジネスマンや、アジア系のお客さんも
お見かけしました。

f0234884_2246057.jpg


f0234884_22454372.jpg


f0234884_22443084.jpg


f0234884_22445734.jpg


ここでの時間が今回の滞在でいちばん印象に残っています。
コーヒーを飲みながら、予定を立てたり、日記をかいたり、ブログをアップしたり、
フランス人が多く住む住宅地にあるこのカフェ、テラスの外から聞こえてくる車の音や、
人の話し声、そしてご近所だという安心感、
ちょっと一息するのに最高なカフェだったので思い出深いです。

そして旅行の時にとっても役立つアプリ、
わたしはまとめてフォルダーにいれてます!とっさに利用したいとき大変便利!
ちょっと紹介しちゃいます!

f0234884_23364671.png


eCurrency : その日の為替レートで世界各国の通貨を日本円で表示できます。 
          お買い物の時、実際日本円だと?というとき便利です。

google翻訳: 現地で困ったときはこちらに助けてもらってます!

Skype & Viber : 海外でも日本でも、ほぼ通話はこれ使ってます。Skypeは
             PCからもいけるし、Viberはアイポン同士で通話するとき
             料金心配せずに使えてるので便利!

カカオトーク: ソウルのお友達から、このアプリ韓国ナンバー1チャットアプリだよ!
          と教えてもらい昨年から使ってます!写真も送信できたり、
          旅行中も日本にいる弟や友達と、お土産選びにこまったとき、本人に直接チャットして
          写真をおくり、その場で選んでもらうとか、結構便利です!ステータスも自分でコメントをいれて設          定できますが、 Yahoo Massenger やHotmailの
          Massengerの様に Do Not Disturb的に、仕事中、オンライン中、離席中といった
          設定ができないのだけがネックですが、そこを抜かせば便利アプリです。

WhatsApp : ヨーロッパやアメリカ圏の友達とはこちらのチャットアプリ使ってます。英語アプリですが、
          ステータスが設定可能 (busy, can't talk , in a meeting, at the gym, at the movie)
          友達に話しかけるタイミングが分かりやすいので、これを使ってる人が私の周りに
          沢山います。モロッコでもbebeくんと空港で待ち合わせの時に大変便利でした。


twitter & FB : これはなくてはならないアプリ、リアルタイムで常にチェックできるので旅行先でも
           便利です。震災以降、やはりツイからの情報のほうが一番早かった。この経験をしてから
           FBでさらに昔の友達と連絡を取り合えるようになりました。ただツイはガサねたも多いので
           冷静に上手に使えば、便利ですよね。

Evernote:  これはここ数ヶ月間つかっているのですが、
          自分ノートみたいに使ってます。
          ブログネタ、写真を添付できたり、その場で思ったこと、ひらめいたこと
          アイディアなど、メモって保存できるので、写真を撮ってこれが欲しい!とか
          Things To DO Listみたいに使用することもできます。
          旅行先でもレストランの名前とかちょっとメモしたいこと保存できるので
          今回の旅行で活躍しました。
          
                          
          
                     
さてさてそろそろモロッコ日記もあと少しになってきました。
今月中には終了させて9月からはドバイ日記を始められるように
がんばりたいと思ってます。

さてさて、モロッコでは6月末に、一学年が終了してながいながい
夏休みをおくり、9月から新しい学年の始まり。その学年の終わりに
かならず発表会があるようです。かわいい甥っ子と姪っ子もこの発表会の
ためにクラスでダンスの練習をしていたようで、二人から招待状をもらいました。

f0234884_2234255.jpg



甥っ子&姪っ子ちゃんたちは私立の学校に通っていますが、
モロッコの大変なところは、アラビア語とフランス語を同時に学習すること、
そしてさらにモロッコ語も話すのでこの子達もこんなに小さいのに
3ヶ国語も話せるのです。頭の中がどうなっているんでしょう!


発表会はカサブランカの映画館のひとつのシアターを
貸しきっての発表会。
映画館を貸切というのも、日本の学校じゃ想像がつきません。

f0234884_22262916.jpg


こどもの数と親御さんの数だけ鑑賞しているので
中は大混雑、チケットをもっていったのにもかかわらず、席にもなかなか
つけず、立ち見状態でしたが、低学年から高学年までのクラスが
いろいろな曲にあわせてダンス発表会、サンバ、ベリーダンス、ヒップホップ、
チャップリンに、クラッシックバレエと、衣装も気合が入っていて、
スケールが違いすぎて驚きました。二人のがんばっている姿がとても
微笑ましかったです。姪っ子ちゃんはバレエを習っているのでダンスが
大好きな女の子この日の夕方、帰ってきてからもプールに飛び込み、
プールの中でなんども同じダンスを踊ってくれ大サービスをしてくれました!
次回会う時にはまた成長をして大きくなっているかと思うと、また会うのが
楽しみです。

f0234884_22265357.jpg

以前にアップしたモロッコで購入した
TIYYA MOROCO の Savon Noir ブラックソープ。
(過去の記事→こちら

f0234884_22311576.jpg


GLAMOROUS 9月号にもTIYYA のガスールが紹介されてました。

f0234884_22325641.jpg


f0234884_22323469.jpg

前回の記事 → Shopping at Medina Rabat 編ではスークの様子を
アップしましたが、スークでお買い物したものはスーツケースにうまくパッキングしました。
ここで有難かったのはエミレーツ航空のスーツケースの重量制限が30キロということ
二人分で60キロOKです。帰りは二人で58キロでしたので本当に里帰りには
エミレーツさんが最適です。もう某ヨーロッパの航空会社にお世話になることは当分ないなと
改めて実感です。

f0234884_2255845.jpg


f0234884_2261432.jpg


ラグ大2枚、小2枚
オットマン3つ。

オットマンは中身をすべて抜いた状態で販売しているので、重ねて丸くできます。
山羊皮なのでバブーシュと同じくにおいがすこしするので、いつもスーツケースひとつを
においが多少ついても大丈夫なものと分けて帰国のパッキングをします。ちなみに
このにおいは少しするとなくなります。

オットマンは、赤、ピンク、紫の3つを購入、赤は弟君のオミヤゲにしました。
中に新聞紙やパッキンなどを入れてます。
2つ重ねるとちょうどソーファーと同じくらいの高さになるので足をのせたり、
お友達がきてもちょっと床に座ったりするときにとっても便利です。

f0234884_2212557.jpg


f0234884_22131477.jpg


他にはこんな色のものもあります。以前にもアップしましたが、(オットマン記事)
白、この色はなかなか手に入らない人気色のようで今回はどこのお店でも売れきれでした。
3年前にマラケシュで買ったもので父と母が愛用してます。

f0234884_22354782.jpg


そして一番のお古、初めてモロッコにいった10年くらいに購入して
当時住んでいたニューヨークのお家でも使っていたものです。
だいぶねんきが入ってますが、使えば使うほど皮が柔らかくなってきて
なじんできます。
今ではミニュたんのベッドになってしまいましたが、思い出のオットマンです。


f0234884_22344857.jpg



カーペットは1時間くらいスークで悩んだ結果4枚を購入、一枚は実家にオミヤゲです。

大きいサイズの畳1.5くらいの大きさでリビングにちょうどいい大きさです。

パープルとブランウンを購入

f0234884_22224623.jpg


f0234884_22233241.jpg


f0234884_22324736.jpg



小さいラグは、玄関やベッドサイドにおいたりできるサイズです。

f0234884_22235740.jpg



このカーペットはアフニフという種類のもので、ベルベルの伝統的な模様に糸の染めむらが
グラデーションになっているのが特徴、他にはゼンモール、シシャワといったもの人気です。
地方によっていろいろデザインや特徴が違うのでスークであれもこれもと欲しくなります。


そして私が必ずモロッコにきて購入する、ファティマの手。
ファティマとはイスラムの女性の理想像にもなっている人物のことです。
ファティマは預言者ムハンマドとその妻ハディージャの娘です。そして
このファティマの手は玄関などにおいて悪魔よけをしてくれるそうです。
そのほかにはアクセサリーや雑貨にこのファティマの手がモチーフにされているのを
よく見かけます。

今回はこちらの大きいサイズのシルバーのファティマの手を購入してみました。

f0234884_22311296.jpg



我が家でもこんな感じに玄関に飾っています。

f0234884_22302697.jpg

ランチをしたブーレグレグ川の目の前にあるメディナ(旧市街)へお買い物。
この旅行で一番楽しみにしているスークでのモロッコ雑貨ハンティングです。

いつもはマラケシュのフナ市場のスークに立ち寄りますが、(SEX AND THE CITY 2で
キャリーがバブーシュをお買い物、そしてエイダンと再開してしまうあのスークです。)

ラバトのメディナもマラケシュより落ち着いていて、種類や品質もよいとローカルの
人もおとずれるということをbebeくんのママのアドバイスで
やってきました!

f0234884_21533468.jpg


かわいいモロッコのねこちゃんがお出迎え。

f0234884_2156357.jpg


スークの中はアーケードの用になっていますが、その脇に小さな通りがあり
迷路のようにお店がたくさんあります。
スークでは迷子になる確率が大変高いのできをつけてください。
ラバトのスークは押し付けがましい店員さんがいないのですこし安心です。

f0234884_21523254.jpg


f0234884_21552896.jpg


f0234884_215655100.jpg


f0234884_21593767.jpg


ラグやさん

モロッコには沢山の種類のカーペツトやラグがつくられています。

希望の色、サイズ、いろいろいうと沢山のラグを出してきて
その場で見せてくれます。ここで大変なのは値段の交渉です。
スークには値段がないのです。。。
私はいちどもこの値段交渉に参加したことがないのです。というか
苦手です。。ソウルの東大門や、ハワイの屋台ジュエリー屋さんを
思いだしても、うまく交渉できたためしがありません。ここはいつも地元人にお任せです。
交渉中にミントティーがでてきて
飲みながら交渉するのが文化のようです。交渉が成立するとあっさりと
気分よく終わるのがモロッコです。ゆっくりゆとりをもって
一点ものは運命だと思ってお買い物するのが出会いよ!と
bebeくんママが言っておりました。納得です。


買ってきたラグはまたのちほどご報告します!
f0234884_22034.jpg


f0234884_2202633.jpg


f0234884_221362.jpg


f0234884_222182.jpg


次の目的は
オットマンです。何個がすでにお家にあるのですが、
今回は小さめサイズが欲しかったのです。
山羊皮でできていて、ひとつひとつ職人さんがつくっているので
刺繍や模様がちがいます。こちらでも欲しいものが3つ決定したので
交渉してもらいました。

f0234884_2223477.jpg


f0234884_2225714.jpg


f0234884_2241088.jpg


すこし歩いてオミヤゲをかったり、何時間でもみていられるスーク、とにかくモロッコ雑貨
日本にもいろいろここ何年かで進出していますが、お値段が驚くほどお安くかえるので
テンションは私だけ上がりっぱなしです。もうすこし見ていたかったのですが、
bebeくんは帰りのスーツケースの重量が心配になってきてたのでこの辺で
撤収でした。

f0234884_228161.jpg


こんな可愛い光景がスークでみれます。
ねこちゃんたちもモロッコラグの上でお昼寝中。

f0234884_22634.jpg


f0234884_2293132.jpg


次回はスーツケースにしまって一緒に帰国したモロッコ雑貨をご紹介します!

ボンヌイ~!
100キロ離れた首都ラバトへ

カサブランカはモロッコ一番の経済都市、高層ビルのオフィス街に一日中クラクションの音、
ラバトを一言でいうなら行政上の都市。庭園都市ともいわれているようです。

いままでラバトには一度も行ったことがなかったので
この日は日帰りでbebeくんのご両親と4人でお出かけ。

f0234884_20474188.jpg


bebeくんのパパは、仕事で何度もラバトへ来ているのでツアーガイド並みな
案内をしてくれました。

ラバトでみかけた、路面電車。

f0234884_20485496.jpg


**ムハンマド5世の霊廟 ** ( Mausolee Mohammed V )
モロッコ独立時の元国王ムハンマド5世の霊廟
モロッコの建築技術と彫刻が印象的でした。

**ハッサンの塔** ( Tour Hassan )
ムハンマド5世の霊廟と同じ敷地内に立地しています。ムーア様式の建築物。
じつはこの塔は未完成で44メートル、完成は88メートルになるはずだったとか。


f0234884_20492744.jpg



f0234884_20501629.jpg



f0234884_20504838.jpg



f0234884_20513233.jpg


f0234884_20525921.jpg


f0234884_2055012.jpg



f0234884_20591442.jpg



f0234884_20554658.jpg



f0234884_2056469.jpg


f0234884_20594357.jpg



f0234884_21102619.jpg



f0234884_2112331.jpg



f0234884_20535227.jpg



f0234884_20543438.jpg


ラバト観光をすこしして、お腹がすいたので
ランチタイムです。レストランへ移動中。川沿いでなにやら騒がしい音楽が。。
どうやら野外フェスタの準備中、リハーサルに聞こえてくる
フレンチ&モロッカンの言語でラップを熱唱している
ミュージシャン。不思議なノリに思わず立ち止まって家族で
鑑賞すること、10分。お腹が空いたのでレストランへ。



f0234884_22161539.jpg


Le Matelot 

モロッコ滞在中始めての外食です!!
bebeくん家族がいつも立ち寄るという、ブーレグレグ川に面した
シーフードレストランということでしたが、
私はケバブランチにしてみました。可愛く飾られた
ソーセージ、チキン、ビーフとミックスケバブ。

f0234884_2047151.jpg


f0234884_2044947.jpg


f0234884_20443741.jpg


アラビア語で コカコーラ って書いてあります!!

f0234884_20463087.jpg


f0234884_2045020.jpg

日本は現在お盆真っ最中、
私は普通にお仕事がありまして、この時期うれしいのは
通勤電車の空き具合くらいしかないのですが、人が少ないせいか
ひんやりしています。そして、都内から人がおでかけしているため、こんな
時は週末激混みな場所にいくと案外空いてたりして、いつも行列なCafeや
レストランに並ばず入れたりとちょっとお盆にお仕事してる優越感を
感じます。

日本はお盆、モロッコ、イスラム圏の国は現在ラマダン真っ最中でございます。
ラマダンとはいわゆる断食!
ラマダンを結構勘違いされている方も多いし、
私もイスラム教のことをすべて理解しているわけではなので
ラマダンとは?ウィキペディア先生からおかりしてきました。ご参照ください。

断食といっても1ヶ月間という期間を完全に絶食するわけではなく、日没から日の出までの間(=夕方以降から翌未明まで)に一日分の食事を摂る。この食事はふだんよりも水分を多くした大麦粥であったり、ヤギのミルクを飲んだりする。
旅行者や重労働者、妊婦・産婦・病人、乳幼児など合理的な事情のある場合は断食を免除されるなど、ひと口に「断食」と言ってもその適用範囲にはある程度の柔軟性と幅を持つ点にも注意が必要である。
断食をするかどうかは原則として宗教的モラルの問題である。旅行者は断食を免除されるというのを拡大解釈して、イスラム教徒の富豪の一部にはラマダーンに旅行に出かけ、断食逃れと呼ばれるようなことをする者もいる。また、基本的に異教徒には強制されない。

断食はヒジュラの道中の苦難を追体験するために行われるものである。したがって、飲食物の摂取量を減らすことが目的なのではなく、あくまで宗教的な試練として課される。また、食べ物に対するありがたみを感じさせるためとも言われている。


こちらからだと全体の説明が参照できます。
  ラマダーン について 

このラマダン中に必ずたべるものがモロッコにはあります。
一日の断食後、この ハリラ というスープを必ず食べます。各地方、各家庭に
よって違うようですが、トマトベースでひよこ豆や玉ねぎがそして最後に絞りたての
レモンをいれていただきます。これを食べると暑さがいっきにどこかへ
消えてしまうようなお味!bebeくんママにレシピを頂いたので
今夏挑戦してみようと思ってます!

f0234884_22322485.jpg


ハリラのスープのおともはデーツ(ナツメヤシ)です。

f0234884_22325057.jpg


このスープで夕飯が終わりとおもいきや、ハリラはスターターでした。
この日の夕飯は、姪っ子、甥っ子ちゃん、親戚家族があつまりbebeくんママは
昼間から大忙しでマーケットへお買い物。

f0234884_22344596.jpg


沢山の材料で、またまたモロッコ家庭料理をいただきました。

f0234884_22354892.jpg


f0234884_22361278.jpg


パスティーヤ
小麦粉を練って薄く伸ばした皮の中に、. 鳩肉とアーモンドなどを詰めて焼いたパイ。

f0234884_22365140.jpg